松本 宏平 MATSUMOTO Kohei

尺八演奏家。大阪府松原市出身。

小山菁山に手解きを受け、のちに琴古流、古典本曲(横山勝也伝)、及び尺八奏法の全般を石川利光に現在まで師事。

根笹派錦風流古典本曲(神如道伝)を神令、諸派古典本曲(高橋空山伝)を藤由越山に学ぶ。

名もなき虚無僧たちの残した遺産「古典本曲」を軸としながらも、ジャンルにとらわれないボーダレスな活動を東京を拠点に行う。

2005年 全国邦楽コンクールにおいて最優秀賞・文部科学大臣奨励賞を受賞。

同年 イタリア・トスカーナ "プッチーニフェスティバル"へ招聘されゲストコンサートを行う。

2011年より古典本曲のみによるコンサートシリーズ「古典本曲の現在」を企画・主催。

​2020年 THE鍵KEYプロジェクトとしてサントリー芸術財団「佐治敬三賞」受賞。

 

放送・録音も多数。NHK-FM「邦楽百番」、NHK BSスペシャル「武士の娘」、NHK 連続テレビ小説「エール」、NHK大河「鎌倉殿の13人」など。

後進の育成にも力を注ぎ、松本宏平尺八教室主宰する他、
財団法人松原市文化情報振興財団主催「尺八教室」講師、首都大学東京非常勤講師、JEUGIAミュージックサロン講師を歴任。

NHK邦楽技能者育成会53期修了。

石川利光門人会石の会所属。

日本三曲協会会員。

日本尺八演奏家ネットワークJSPN会員。

​現代邦楽“考” 団員。